2007年03月06日

鮫形鐘一郎の「訳文教室」第1回

 というわけで、本日はウォーゲームのルールブックの訳文の話をする。

「翻訳教室じゃないの?」

 いいところに気付いたね、ぽたーじゅ君。最近の翻訳ルールは、例外もあるけど、十分一定の水準に達しているよ。大昔のホ●ージャ●ンの翻訳に比べれば格段に進歩している。特にゲーマーが訳者の場合、どの項目でデザイナーが何を言わんとしているか大体は把握できるしね。

 問題は、それが日本語として分かりにくい、冗長であることが多いということなんだよ。もっと言えば、国産ゲームのルールブックの文章ももっと分かりやすくできるはずなんだ。今のゲーム翻訳者に求められているのは英語力よりも日本語力だと言っていいだろう。

 と、言いつつ、最初に少しだけ英語の話をしておく。私がいくつか見た中で、間違いが目立つものがあったので。

@「require」と「request」
 この二つの単語は似て非なるものだ。前者は「必要とする」後者は「要求する」。混同している人が結構いるのでご注意を。

A「a」
 普段は訳出しなくてもいいが、場合によっては「1ユニット」「1VP」「1ポイント」など明確に「1」と書かないといけないケースがある。これは訳文を見ても分からない場合が多い。

B「more than」「less than」
 この後ろに来る数字を含まない。「more than two」なら「2を上回る」、「less than two」なら「2未満」だ。だいたいはきちんと訳出できているが、日本語としては「3以上」「1以下」と含まれる数字を入れた方が明確になる。ただし、ゲームによっては小数点以下の数字を指す場合があるかもしれないので確認は必要だ。

 では本題に。具体例があると話が早いんだが、余計なトラブルに巻き込まれるのもあほらしいので、勝手ながら西新宿鮫氏が訳した「Clash of Giants 2」「For the People 2006年版」を読みながら進めよう。

 ぽたーじゅ君。この2冊の翻訳と他のルールブック何冊かを比較して読んでごらん。

「はーい。ふむふむ」

 中身を理解しなくてもいい。文章の特徴を比べればいいんだ。何か気付いたことはあるかい。

「うーん。西新宿鮫氏の方が一文が短い」

 ま、そうなんだけど、具体的に気付く違いがないかい?表現で。

「あ!西新宿鮫訳には『〜することができる』がまったくと言っていいほどないよ!」

 そうだ。「移動することができる」は「移動できる」で十分だ。場合によっては「移動可能」でもいい。本当にこの「することができる」をなくすだけで、日本のルールブックは10%減量できるんじゃないかと思っている。

 あえて断言しよう。私は「こと」が大嫌いなんだ!はーすっきりした。ただし、このブログはわざと話し言葉に近い感じで書いているので、結構「こと」が登場したりするんだけどね(笑)。

「それと『行う』もあんまり使ってないね」

 これも素直に「××を行う」でなく「××する」で十分だ。他にも
 ・「すべてのユニット」→「全ユニット」<all>
 ・「それぞれのターンで」→「各ターン」<each>
 ・「もし悪天候ならば」→「悪天候の場合」<if>
あたりは基本中の基本だ。語感が悪くなるときはあえて上記のように書いていない場合もあるけどね。単に文章を短くするのが目的ではない、パッと目でスキャンしたときに脳みそに入るスピードが重要なんだ。

 西新宿鮫氏の翻訳は「名文」より「明文」を意識している。文章も可能な限り飛ばさずに訳しているので、デザイナーズノートあたりは回りくどい感じがするけど、まあ気持ちは分かるよ。

 ま、今日はこれぐらいにしておこうか。本当は実際の翻訳ルールを例に色々言いたいんだけどね。「実験台」となる勇気ある人がいれば名乗り出てほしい。

「でもこのブログには連絡先がないよ」

 そのへんは天知る地知るチルチルミチルでね。分かるもんなんだよ。他にもネタはあるから慌てる必要ないしね・・・しかし、あったかくていい季節になって来たねえ。今日もビールがうまいよ。ゴキュゴキュゴキュゴキュ・・・

「一年中うまいと言ってるような気もするけど・・・」
posted by 鮫形鐘一郎 at 02:24| (カテゴリなし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

よう。鮫形鐘一郎だ。

 私は西新宿のマンションの仕事場で翻訳と雑文書きを生業としている。週末に友人とウォーゲームをするのが趣味だ。もっとも「ボード」とか「シミュレーション」の言葉は好きじゃない。「非電源系」はもっと嫌いだがな。

 若いころはそれこそ寝食を忘れてプレイに熱中したもんだが、大学を出た後はしばらく中断。インターネットでプレイを続けている仲間がいるのを知って、最近またやり始めた。いわゆる「復帰兵」というやつだ。80年代のウォーゲームブームを体験した30代で・・・

「もうすぐ四十郎だがな」

 おっと。紹介が遅れてスマン。気ままな一人暮らしの相棒でペットの・・・

「ぽたーじゅだよ」

 コイツもよろしくな。同じマンションに名前と格好がよく似たウサギが住んでいるらしいが、見たことはない。

「ウォーゲームって絶滅危惧種?」

 まあ、そうかもな。個人的には、なくなってしまってもいいと思っている。私が生きている間だけ続いてくれれば、それ以上は望まない。自分が死ぬまで面白いゲームとプレイ仲間に恵まれれば文句言わないよ。それぐらいは何とかなるんじゃないのか。100年後、いや50年後に絶滅したって構わない。

「若い人は来なくてもいいの?」

 実際問題として難しいだろうし、期待していない。仮にやるやつがいても、一緒にプレイして楽しいのは同年代ぐらいの人だよ。20歳も違った奴とプレイしても、そりゃそれなりに面白いだろうけど、本当に楽しさを共有できるか疑問だね。

「バカばっかりだから?」

 はっきり言えばそうだ。若者はバカだ。今も昔もな。だからほっとけばいいんだ。上の世代が手ほどきしなくても、面白いと思えば勝手にやるんだよ。昔もそうだったし、今も、未来もそうなる。

 私が期待しているのは、やはり同年代の復帰兵だね。多くの同志は就職や結婚を機会にゲームを離れてしまった。できることなら、彼らに戻って来てもらいたい。あるいは同年代の新規参入の人に期待したい。

 しかし、現在の40歳前後は働き盛りの年代でもある。仕事もまあまあ責任ある地位に付いているだろうし、家族サービスも大変だろう。しかし、戻って来たいと思っている予備軍は大勢いるはずなんだ。間違いなく。

 ただ、復帰するきっかけは、その人にとっては決して好ましい状態ではないかもしれない。期せずして仕事が暇になってしまったり、諸々の理由で独身に戻ったりで、時間ができてしまうケースの方が多いんじゃないかな。

 仕事や家庭のZOCを抜けられないのは、それはそれで充実した人生を送っている証拠でもある。ゲーム関係のブログを見て「やりたいけど無理だなあ」と思っている人は多いと思うよ。プレイできなくてもゲーム雑誌を買い続けている人もね。

 だから実際に、そういう予備軍から復帰する人はごくわずかだろう。ただ、人生80年の時代だ。もう少し時間ができてから戻ってくる人だっているだろう。定年を過ぎれば多くの人は暇を持て余すだろうし。

 でも本当は、忙しいときに戻って来たいと思う人が「本物」なんだよ。仕事も家庭も大変だけど、どうしてもウォーゲームをやりたい気持ちを抑えられない人にこそカムバックしてもらいたいんだよ。無理を承知で言えばな。

 そのために私ができるのは「旗を立て続ける」ことだ。昔ほどプレイする時間はないけど、少ない仲間で細々と頑張っている姿を見せることだ。活動をブログに記録したり、たまにはゲーム雑誌に執筆したりしてね。

 ソリティアでも対人プレイでもいいけど、「こんなに面白いプレイをしている」「レベルの高いゲーム展開だろ!」「笑っちゃうほど間抜けなミスをしてしまった」色々な見せ方があるだろうけど、復帰したいなあという気持ちを起こさせるような紹介の仕方をしたい。

 絶滅したと思ったゲーマーは、どっこいしぶとく生きていると。ここなーる丘にー、旗を立て続けようと思っている。そうすれば少しずつ同志は戻ってくるさ。既存のサークルに参加するのは気が引ける部分もあるかもしれないが、どうしてもプレイしたい気持ちを抑えられない人は必ず門戸を叩くと思う。少なくともソリティアぐらいから始めると思う・・・。

 あれ?ぽたーじゅ君は寝ちゃった?さて、今夜はドライブ・オン・スターリングラードのユニットでも切るかな音符やはりPGGシステムは装甲師団でオーバーランしていくときのドライブ感が何とも「面白しびっくり」なんだよな。

 あ、ユニット切る暇あるならPGGをソリティアした方がいいよな。サイバーボードを使うと、アントライドのユニットをシャッフルしてくれるから本当に便利だよな。いい時代になったもんだ。

 じゃあ黒ビールでも飲みながらやってみるか。この景徳鎮の陶器マグカップで飲むと、まったく「美味し乾杯」なんだよ。ゴキュゴキュゴキュ・・・プハー。たまらんびっくり

 ではガツーンと装甲師団3個ユニットのスタックで攻撃。ダイスを振ってD2!ソ連軍スタックをばらして機械化移動でオーバーラン!今度はエンゲージだけど、次のスタックで司令部をオーバーラン!よっしゃ一帯みんな補給切れじゃあ!

「むにゃむにゃ。うるさいなー」

 くーたまらん!PGGはやっぱり面白いぞー。ゴキュゴキュゴキュ・・・プハー。黒ビールも美味しだ!

「幸せな人だなー。お?お月様だ月今宵も都庁の上にかかってきれいだよ」
posted by 鮫形鐘一郎 at 00:30| (カテゴリなし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。