2007年03月14日

わが芸夢人生に悔いなし。

 今夜も都庁舎には遅くまで明かりがついているなあ。今度の新しい主は誰になることやら。

「あれ?政治と女性の話はこのブログでやらないんでは」

 そうだったっけ?ぽたーじゅ君。まあそんな厳密なきまりで縛るつもりはないけどね。じゃ、ゲームの話をしようか。

「ウォーゲームをやっていて人生にプラスになったことは」

 そんなのは色々あるぞ。まあ、主に3つだな。振り返ってみて最大のプラスは「英語を勉強せざるを得なかった」ことだな。初期のア●ロンヒルゲームの翻訳があまりにもひどかったから、中学生のころからやむなく英文ルールを読み始めた。

 ついでにGENERAL誌も読んだ。分からない単語だらけだから、ほとんど全部の単語を調べてヒイヒイ言っていた。結局、こういう地道な努力は受験に役立ったし、気付けば今のメシの種にもなっている。ホ●ージャパンのひどい翻訳に今では本当に感謝している。嫌味じゃなく本気でな。

 もう一つは「他者の無理解に寛容になった」ことだ。論語で言う「人知らずしてうらみず。また君子ならずや」だな。若いころはいくら周囲にウォーゲームの面白さを説明しても、なかなか理解されなかったし、それを悔しくも思っていた。「ルールブックがたったの10ページ」「一日で最終ターンまで終わるお手軽ゲーム」という感覚は確かに一般には理解されないよな。

 3つ目は「ウォーゲームに費やした時間と情熱を他に振り向ければ何もできないことはない自信がついた」ことだ。若いころはゲーム漬けに近いくらい没頭していた。だから大学を出てゲームをやらなくなってから、本当に潤沢な時間があった。極端なことを言えば司法試験だってやれば受かるんじゃないかと思えるぐらいだった。結局、今思えば無駄なことに時間を使ってしまったがね。まあ、それも人生だ。

 大学を卒業して15年余りは、それまでゲームに費やした時間と情熱を色々な方向に振り向けて突っ走ったから、本当に色々なことができた。今でもその情熱を仕事に振り向ければ、仕事の方で大成するような気もする。しかし、ストレスでつぶれてしまった可能性の方が高いようにも思う。今の仕事は「適職」だが「天職」ではないというのが正直なところだ。ウォーゲームは、それでメシが食えるわけではないけど「天職」という感覚だね。

 もちろん、またゲームに対する情熱を失ってしまうこともあるかもしれない。今のところはないと思うけど、先のことは分からないからね。そんときはそんときだ。

「わがゲーム人生に悔いなし、ですか?」

 そうだね。そう胸を張って言えるよ。ただ、内心忸怩たる思いがないわけではない。

 大学を出た後、当時もそれなりにゲーム業界に関わっていたから、本気で希望すればゲームの世界で生きることもできた。しかし、冷静に考えて「ゲームでは食えない」と思ったんだな。まあ、ゲーム以外の分野に就職した仲間の方が多かったし、ある意味当然の判断なんだけど。ただ、私の先輩では上級公務員に合格したのを蹴ってゲーム界に身を投じた人もいる。コンピューターゲーム関連に行ったのはそれこそ大勢いる。

 今の仕事に不満はまったくないよ。楽しくやらせてもらっている。ただゲームに復帰してからは出力80%ぐらいしか出さなくなったけどね。今から10年前は「そう言えばこの1カ月1日も休んでいないなあ。まあ別にいいけど」ぐらいの感覚だったから。

 しかし、どこか心の底で恥じる部分があったんじゃないかと思う。なぜあんなに好きだったウォーゲームと心中するくらいのことができなかったかと。ゲームをやめていた期間も、ふとそんな思いが頭をよぎって、一瞬気分が悪くなることが結構あったよ。ゲーム界に復帰してからは、精神のバランスが取れるようになった。精神の衛生状態が向上したというのかな。

「現状に不満はまったくない?」

 そうね。ただ、ときどき思うのは、「休日はどう過ごしてますか」という何気ない質問に素直に答えたいなあと。ウォーゲームの話をしてもややこしくなるだけだし。仕方なく「スポーツジムに行ったり読書したりしてます」と言ったりな。それは半分本当だが、ゲームをしない日の過ごし方だからね。

「無意味なうそをつくのは心苦しいと?」

 ま、慣れたけどね。世の中には本当の趣味を隠している人がいっぱいいる。色々な理由で。ストリップ劇場が大好きな小学校の先生とか、密かに推理小説を書き続けて懸賞に落選し続けている人とか。私の知っている範囲でも。誰にも迷惑かけないなら、黙っている人のほうが大人の生き方だ。普段の仕事をきちんとやっていればまったく問題ない。

 ただ、普通に「実は週末はウォーゲームをやってましてね」「ほうほうそうですか。われわれの年代では結構やっている人がいますね」というような自然な会話ができればなあと思うことがある。

 関係ないような気もするが、先日、歌舞伎で忠臣蔵「南部坂雪の別れ」を見たとき、不覚にも涙がとまらなかった。とっさにうそを言う大石内蔵助を見てね。何でかね。精神衛生は向上したような気がするけど、それでもまだ何か潜在意識にたまっているのかもしれないねえ。

 だけど、こんな程度の悩みは、客観的に見れば、世の中の多くの人が大なり小なり抱いているコンプレックスとほとんど違わない気もする。ウォーゲーマーだからといって特別な人間ではない。実に平凡な人生を送っているよ。

*******

 というわけで、5回ほどまとめてやったので、しばらくお休みにする。また、いつかどこかで会おう。

「ええー。早いですね」

 とりあえず言いたいことは言ったからね。こんなことを書いている暇があったらゲームの作戦研究でもやりたいんだよ、本当は。また言いたいことがたまったら、ドカンと連載するから。ひょっとしたら不定期にゲーム以外の話を書くこともあるかもしれない。

 結構色々な人が読んでくれたみたいで嬉しく思っている。あらためてこの場で感謝したい。異論、反論がある人も大勢いるだろう。ただ、私はしょせんフィクショナルな存在だからね。私にいくら突っ込んでもしょうがないんだよ。

 読者諸兄にお願いするのは、このブログを読んで自分の心に浮かんだ感情、気持ちと素直に向き合ってほしいということだ。それこそが自分の最も望むもの、あこがれるもの、恐れるもの、ねたむもの、忘れていたもの、忘れたいもの、あるいはもっと別の何か、だろうから。それを直視して、一人で掘り下げる作業を続けることこそ、ウォーゲーマーとして、さらに一歩進む道だと信じている。

 諸兄の芸夢人生に幸多からんことを祈る。そして素晴らしきウォーゲームの世界に乾杯!ゴキュゴキュゴキュゴキュ・・・プハー!
posted by 鮫形鐘一郎 at 01:57| (カテゴリなし) | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。