2010年12月13日

T戦線で行こう


 「実はブログを読んだ鮫間さんから記事の間違いの指摘がありまして」

 あ、そう?ぽたーじゅ君。この鮫形、誤りを正すにやぶさかではないよ。

 「宝くじで3億円当てるには、の記事で、1万面体ダイスを5000回振ったときに少なくとも1が1回出る確率が違うそうです」

 そうだっけかな。会計士様のご指摘だからね。もう1回見てみようか。

 うーむ。これは「1から10000まで書いた紙」を5000回順に引いていって、少なくとも「1」を1回引く確率だね。全体の母数が段々小さくなる場合。いわゆる「閉じた世界」。計算式を示して一緒に考えようか。

 1-(9999/1000)×(9998/9999)×・・・(5001/5002)×(5000/5001)

 これは約分できるからすぐ0.5と分かるね

 ダイスのようにオープンな場合は計算し直さないといけないね。 1回の宝くじを買う場合は「閉じた世界」だけど、複数回にわたって宝くじを買う場合は「開いた世界」になる。

 1回の宝くじで5000枚買う場合と、5000回の宝くじを1枚ずつ買う場合の違いだね。計算式は

 1-((9999/10000)の5000乗)

 ウインドウズのアクセサリの電卓で計算すると、

 0.39348450437525512128834440681349

 39%ぐらいだね。

 「となると、その前の10回の例も違うんでは?」

 鋭いね。だいたい同じだけどね。

 「いちおうもう1回計算してください」

 1-((9/10)の5乗)だね。

 0.40951

 41%ぐらい。

 「要するに、宝くじで勝ち逃げできるのは4割に満たないということですか」

 そうそう。しかも、買う回数を増やすと少しづつ確率が悪くなっていくということね。多い回数でコツコツ勝負するより、少ない回数で大金勝負した方が、ちょっとだけ確率が高いということね。

 「では、今日もお便りを紹介します。ボードゲームに限定せず、鮫形さんが選ぶベスト・シミュレーションゲームは何ですか」

 ずばり「A列車で行こうシリーズ」だね。パソコンゲームは詳しくないけど、おそらくシミュレーションそのものを楽しめるという意味では一番だと思うよ。

 「そう言えば鮫形さんもときどきやってますね」

 パソコンをグレードアップしたときは必ずプレイするね。というか、A列車の最新版をスムーズにできるようなパソコンに買い換えている。私は鉄道とか普段は全然興味ないんだけど、このゲームだけは別だ。

 「何がすばらしいんでしょうか」

 勝利条件とゲームの楽しみ方が一致していないところ。正確には、シミュレーター機能だけで十分面白い点だ。以下、A列車を知らない人への詳細な説明はあしからず省略する。

 A列車にもいちおう勝利条件みたいなのはある。一定のお金を貯めて、一定の線路を延ばせば「おめでとう」とか表示される。でも、純粋にその勝利条件の達成を目指そうとすると、非常につまらないプレイになるよね。効率の良い環状線をつくって、営業効率の良い電車だけを走らせ、効率の良いビルを建てる。こんなコツはちょっとプレイすれば分かるので詳しく言わないけど。

 でも、そんな目先の利益だけを追った街は、まったく美しくないし、プレイも無味乾燥になる。路線や都市の計画をきっちり立てて、街にバランスよく公園なんかも配置して、ときには単線の赤字ローカル線みたいなのもつくったりするから面白い。つまり、ゲームの勝利条件なんか満たさなくても十分楽しめる。むしろ、それを目指すとつまらなくなる。

 ユーチューブとかで動画を検索してもらえば、A列車を使って、実際の駅周辺や、特定の路線を再現した街をつくった例が紹介されている。本当によくできてるなあと感心するのがいっぱいあるよ。列車の車窓からみたモードで町並みが過ぎる映像もアップされていて、これも一見の価値がある。

 A列車シリーズは、いずれもデザイナーは遊べる土台を提供しただけで、後はプレイヤーが創造力を発揮して楽しみ方を見つけていくものだ。おそらく、デザイナーが予期していなかった楽しみ方をしているプレイヤーも多いと思うよ。ウォーゲームで「なるようにしかならない」「ちょっとした裏技で破綻する」駄作とは対照的な名作といえる。

 「何かウォーゲームを楽しむヒントが隠されている感じですね」

 うん。なかなかいい勘をしているね。

 そこで、だ。独ソ戦をA列車並みの精密さで再現できるゲームを想像してみてよ。仮に「T戦線で行こう」と名前を付けてみようか。戦車や歩兵がちょこまか動くリアルタイムストラテジーゲームみたいなのを脳内に思い浮かべてよ。

 「なるほど。ロシアの大地をマップに思い浮かべればいいですね」

 そうそう。今はバルバロッサ作戦開始時だと想定してよ。ブーク川沿いにドイツ軍戦車を並べて、マップをスクロールするとモスクワのクレムリンの尖塔、雄大なドン河、コーカサスの草原まで見られる。ウォーゲーマーならイメージできるね。

 それで、初期配置をヒストリカルにして自動プレイモードにすると、勝手にドンパチ始めるよ。グデーリアンの装甲師団が戦線を突破し、ソ連軍を次々撃破していく。

 「あ、ミンスク、スモレンスクを抜いた後で、南方に転進しましたよ!」

 なかなかいいイメージだね。ヒトラー命令もヒストリカルモードにしてあるとそういう展開になる。つまり、プレイヤーがまったく手を加えなければ、ベルリン陥落までほぼ史実通りに展開するようになっているシミュレーターだと思ってくれ。

 「史実派の人はそれをずっと眺めているだけで楽しいと思うかも」

 そうだね。対人プレイなんかやらなくても楽しいかもね。なるようにしかならない展開の精密な動画を見たがっているプレイヤーは少なからずいるだろう。

 ゲーム派の人のためには、初期配置を自由化したり、ヒトラー命令を無効にしたりというオプション設定ができるようになっているわけだ。もちろん天候もランダムにするか、史実と同じにするか選べる。

 「そんなものがあれば絶対に欲しいなあ」

 かと言って、あんまり自由に設定できすぎると、一方的な展開になったり、ゲームとして知恵の絞りがいのない状況になる場合もあるだろう。

 賢明な読者諸兄はもうお気づきと思う。「T戦線で行こう」のような完全なシミュレーターはボードでは現実的につくれない。でも、切り取り方によってはボードでも十分再現できるし、面白いゲームをつくれることを。

 切り取り方は色々あるよね。スターリングラードのトラクター工場の争奪戦をやるなら、スコードリーダー程度の時間と空間の切り取り方になる。バルバロッサ作戦のゲームにしても、同じGDWのFire in the Eastと1941では、切り取ったマップの範囲はほぼ同じでも縮尺が違う。

 そしてヒトラーやスターリンの理不尽な命令をどう扱うかも重要なオプションだ。プレイヤーに自由度を与える方がいいのか、一定の制限を設けるべきか。

 つまり、こういう部分に「デザイナーがプレイヤーに何をさせたいのか」、「プレイヤーが何をしたいのか」という目的意識が生じる。というより、そういう概念がないと、デザイナーは世界を切り取れないし、プレイヤーも楽しめない。あるいはゲームに対する評価ができない。

 例えば、同じバルバロッサ作戦をテーマにしたゲームでも、ぽたーじゅ君はお手軽なゲームが好きだけど、私はちょっと歯ごたえがあるのをプレイしたい。そして自分がやりたいゲームの方を「面白い」と評価することが多い。

 ウォーゲームの評価について議論すると、「面白い」か「つまらない」の2択になってしまうけど、実は細かい切り取り方、プレイの嗜好みたいなところに踏み込まないと本当に深い話はできないんだよね。

 「なるほど。議論が深まらない理由は何ですかね」

 一番の理由は「言葉」がないからだと思うね。

 ワインをほめる言葉がいっぱいあるのは知ってるでしょ。ソムリエが「若い」とか「芳醇な」とか、私には分からないけど、香りや味について独特な表現をして、それが国際的にも通用している。「濡れた犬の毛のようだ」とか、まったく理解できないのもある。ビールのキレとコクなら分かるけどね。

 「ワインの味は僕も分からないんで、もっと別な例で説明できないですか」

 そうね。ラーメンで説明してみようか。これも単純化すると「うまい」と「まずい」しかない。でも、細かく好みを分析していくことはできるでしょ。

 具体的に言うと、私は「●花」が一番好きだけど、「●郎」や「●下●品」もまあまあ好きだ。スープの方向性は似ているとは言え、麺の固さが違う。だから私は「●下●品」にお付き合いするのはやぶさかでないけど、できれば「●花」に行きたい。

 戦術級やマルチプレイは、ラーメンで言えば私にとって「●蔵」や「●本」かな。面白い、あるいはうまいとは思う。しかし、難しいルールを覚えたり、仲間を集めてたりの努力をしてまでプレイしたいと思わない。ラーメンで言えば、長い行列に並んでまで食べる気にはなれない。

 「何か話が変な方向に行ってます・・・ちなみに鮫形さんにとって、コンピューターでないベスト・シミュレーションゲームは?」

 PGG。

 「愚問でした。長年一緒に暮らしながら・・・」

 話をまたちょっと戻すよ。私はラーメンの好みを説明するとき「こってり固め」「ネギ多目」「半熟より固ゆで玉子」とか言う。これでだいたいの人は味の好みを分かってくれる。

 じゃあPGGを説明するときはどうか。「オーバーラン」「強ZOC」「アントライドユニット」。これはシステムの説明ではあるけど、面白さを伝えたことにならない。ドイツ軍の装甲師団が平地をガンガン進撃する爽快感と、ソ連軍がその勢いを拠点防御で吸収して反撃に転じる面白さみたいなところを、もっと短い言葉で表現できないかと思うんだけど、なかなかうまくいかない。

 私は「ドライブ感」とか「泥沼感」とか言うことがあるけど、本当にPGGの魅力を伝えられているかは自信ないね。

 そもそも、今さらPGGなんか、と思う人も多いだろう。そりゃ古いゲームだよ。でもね、個人的にはもうちょっとファンがいていいんじゃないかと思う。ほかの多くのくだらないゲームをやるぐらいならね。

 「その流れで次の質問に。面白いゲームと駄目ゲームの見分け方は」

 これは直感だね。

 「それではちょっと読者が納得しかねるかと・・・」

 以前に書いた麻雀の必勝法に通じる話。パッとみて面白いかどうか分からなくては駄目なんだ。麻雀に強い人は相手と会った瞬間に力量が分かる。ゲームの達人はコンポーネントに触れた瞬間に面白さが分かる。

 サッカーのオシム監督は「歩いてくる牛の顔から、どういう尻尾をしているか分からないといけない」と言っていた。これはサッカー選手に指導するときのたとえ話で、相手を見て直感的に次のプレイを予測せよ、ということだ。

 つまり、愚ゲームかどうか直感で分からなければ愚ゲーマーだということだよ。

 「言い切りましたね」

 まあ、私の直感も全然当たらないけどね。期待して買ったゲームが駄作だったたびに精進が足らないなあと反省しているよ。でもね、いちいち愚ゲームだと騒ぐのは、それこそ愚の骨頂でね。愚ゲームを踏んだら黙って恥じ入ればいいんだよ。それがゲーマーの謙虚さであり、デザイナーに対する惻隠の情でもある。

*************

 ふう。何か腹減ったね。●花のラーメンを食べに行こうか。

 「僕は草食動物なんで・・・」

 太●麺のキャベツ大盛りを頼むから、君にも分けてあげるよ。

 「じゃあ、お供します。でも鮫形さんは本当にあの店が好きですね」

 ラーメンもウォーゲームも私はこってり固め派だからね。でも、民事再生法申請って・・・。ラーメンもゲームも、いいものはなかなか理解されないのかねえ。それとも私が時代遅れなのか。いずれにせよ、寂しい限りだね。
posted by 鮫形鐘一郎 at 23:37| (カテゴリなし) | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

年収が10倍になるウォーゲーム人生

 ♪増援、増援、増援~。ダスライヒが来たよーん。

 「またPGGのソリティアですか・・・」

 いいじゃないか、ぽたーじゅ君。面白いんだから。はいはいオーバーランでゴーン。

 「ところで最近テレビによく出る鮫間勝代って経済評論家の女性がいますよね」

 うわーengだよ。いきなりステップロスかあ。

 「聞いてます?鮫間はペンネームで本名は鮫形だって」

 しょうがないから戦線を整理して・・・はい戦闘フェイズ。

 「いつだったか、公認会計士の妹さんがいるって話してましたよね」

 よっしゃDE。機械化移動で一気に前進するよーん。

 「聞いてますか!!」

 ・・・勝代は、旧姓と嫁ぎ先の姓から一字ずつ取ってペンネームにしたんだよ。あ、離婚のときに戸籍をどうしたかは知らないけど。

 「やっぱり鮫形さんの妹なんですね!僕は大ファンなんですよ!サメマーです」

 君はウサギのくせに、あんな自慢話だらけのインチキマネーゲームみたいな本を読んでんのか!

 「何でそんなに仲悪いんですか?」

 知らんよ。向こうが俺を避けているんだから。

 「おかしいなあ。鮫間さんのホームページからメールしたら、ぜひ住所を教えてって返事がありましたよ」

 えー!教えたのか!

 「実は今日の午後2時ごろに訪ねて来るそうで・・・あ、言っちゃった」

 何てことだ・・・もう1時45分じゃないか!あー、そうだそうだ。祖師ケ谷大蔵に行く用事があったのを思い出した。じゃあ出かけるから、よろしくね。そうそう、次は第5ターンのソ連軍からだから覚えといて。

 「鮫形さん!・・・あーあ行っちゃった」

*****15分後******

 こんにちはー。お邪魔しますよー。

 「あ!本当に鮫間さんだ!わーい。わーい!」

 あなたがメールをくれたウサちゃんね!よしよし。おかげで、お兄ちゃんの居場所がようやく分かったのよ。ありがとう・・・でも予想通り、逃げたようね。

 「すいません。あっと言う間に飛び出してしまって・・・。でも、やっぱり避けているのは鮫形さんの方なんですね。何でかなあ」

 アラ!PGGじゃない。相変わらずこんなゲームをやってるのねえ。

 「えっ?鮫間さん、PGGを知っているんですか!」

 子供のころ、無理やりお兄ちゃんにルールを教え込まれたから。

 「それは災難でございました・・・」

 頭は悪くないんだから、こんなゲームの作戦研究とかしてる暇があったら投資とか金融リテラシーを上げるのに時間を使えば人生を有益に過ごせるのにねえ。特に私の本を読めば年収10倍も不可能じゃないのに。

 「おお!さっそく鮫間節が出ましたね!」

 ただ、ウォーゲーム自体は頭脳のトレーニングには悪くないと思うのよ。受身のコンピューターゲームは思考力を奪うけど、非電源系のゲームは能動的にシステム管理をしなければいけない部分も含め、脳みそを結構使うから。

 「ウォーゲームがどう頭のトレーニングに役立つのか具体的にお願いします!」

 まずは大量のルールを読み込むことが、知識を詰め込む訓練になるということ。これが役に立つのよ。特に若い頃にやることが重要。別の言い方をすれば、集中して机に向かって記憶し、目的にしたがって再現する訓練をすること。

 私は公認会計士の資格を取るため一生懸命に勉強したけど、これはウォーゲームのビッグゲームのルールを懸命に読み込む作業と同じとも言えるわね。詰め込む中身が問題じゃないのよ。勉強の基本的訓練を積むことが重要。

 後は応用がいくらでも効くから。こういう知識を詰め込む訓練を若い頃やっていないと、先々ダメになるのよ。知的な基礎体力をつくると言ったらいいかしらね。そういう訓練を積まないまま運よく希望の職に就いたとしても、それで精一杯の人って結構いるのよ。結局そういう人って、仕事では勝てないから、できる人の足を引っ張ったりするのよね。

 ウォーゲーム界でも多分いるでしょ、ゲームのルールを覚えるのが精一杯で、作戦研究までする余力がない人って。それだけならいいけど、そのうち作戦研究する人を馬鹿にしたり、難しいゲームを批判したりする人っていないかしら。

 「うーん。そこまではどうだか・・・。でも、鮫間さんはゲームに関しても手厳しいですね・・・。そうだ、せっかくだから鮫形さんに来た質問に答えてもらえますか?」

 ほかならぬウサちゃんのお願いなら何でも。

 「ありがとうございます!では、お便りを読みます。欲しいゲームを買うかどうか、なかなか決断できません」

 私に言わせれば、ゲームは経済書と同じね。高い物こそ買わないといけないのよ。5000円ぐらいなら即買わないと。一回飲みに行ったと思えば安いもんだから。そういう高額な本からしか得られない情報が必ずあるのよ。これからは情報を持っている人が、情報を持たない人から搾取する時代に入るのよ。

 「しかし、愚ゲームかもしれないものに高額なお金を支払うのは・・・」

 失われる時間の方が惜しいのよ。書籍は一番効率が良い投資。ゲームも同じでしょ。ただ、ウォーゲームの作戦研究をいくらやっても年収は増えないけどね。

 「愚ゲームでもヤフオクでプレミアが付いたりして、なかなか買えなかったりするんです」

 プレミアが付くようなものなら、愚ゲームと気付いてからまたオークションで売れば大損はしないと思うけど。

 「なるほど。では次行きます。ゲームのルールブックを読むのに時間が掛かるんですが、速読法をマスターした方がいいでしょうか」

 その答はイエスでもありノーでもあるわね。人間が速読して記憶できるのは基礎知識がある分野だけだから。例えば、PGGのルールを理解している人が、他のPGGシステムのルールブックを速読するのは多少意味がある。でもウォーゲームをやったことがない人は、PGGのルールを速読しても体系として理解できないでしょ。多分プレイできないわね。

 勘違いしている人が多いけど、速読では血肉となる知識は身に付かない。身に付けるべき知識が含まれているかどうかをチェックするのに速読が必要なのよ。だからウォーゲームのルールブックも熟読すべき場所と、読み飛ばしてもいい場所があるはず。重要なところを熟読するために、重要でないところを速読で読み飛ばすのね。という意味では速読、フォトリーディングをやってもいいかもね。

 「難解なウォーゲームのルールは速読に向いていないということですか」

 これも本と同じね。難しいのには2種類あるのよ。一つは論理がメチャクチャで理解できないもの。ウォーゲームで言えば愚ゲーム。こういうのを見破るためにルールブックの速読は有益ね。

 もう一つは、論理の積み重ねが重層的だけど、きちんと読めば理解できて、役に立つもの。これはまさに面白いと言われるウォーゲームじゃないの。ある一定の難しさを乗り越えないと本当に面白いところには到達できないのよ。

 「何か鮫形さんと似てるところもあるなあ・・・じゃあ、これは僕からの質問。ウォーゲーマーが幸せな人生を送るのに、もっとも必要なものは何ですか」

 ずばり、やる気というか好奇心をいつまでも持ち続けること。これはゲーマーに限らないけど。ウォーゲームが本当に好きで、それをやり続けられる意欲と環境があるのは間違いなく幸せな人。

 ただ、ウォーゲームをやっても年収は増えない。人生にはやっぱりサムマネーが必要よ。でも、サムマネーと言っても人の一生は長い。先を見通した投資と資産づくりをしなければ、ウォーゲームを末永く楽しめる幸せな人生は送れない、ということ。私が自分の本で書いているのと同じ結論ね。

 「僕はしょせんウサギなんで老後の心配までは」

 まあ、そうかもね・・・。ところで、PGGも久しぶりに見ると面白そうねえ。

 「さすが鮫間さん。あらゆる分野に好奇心をお持ちですねえ」

 今は第5ターンか。ソ連軍の番ね。

 「まさか?鮫間さん・・・」

 Provisional増援を出すわよ。ダイスは「5」。いいところね。ドイツ軍のInterdictionを回避できて。

 「英語の発音がカッコイイっす。ますますファンになっちゃうなあ」


*****深夜0時過ぎ*****


 いやあ祖師ケ谷大蔵のケーキ屋が物凄い行列でさ。ほら買って来たよ。

 「鮫形さんが甘いものを買って帰るなんて聞いたことありませんね!それに夜中まで行列してるケーキ屋なんかないでしょ!」

 あれ?ぽたーじゅ君、何かふくれっ面だね。

 「せっかく鮫間さんが来て夜9時ぐらいまで待ってくれてたのに、帰っちゃいましたよ」

 え?そんなに待ってたのか・・・危ない危ない。

 「何か言いましたか!」

 いやいや、あーそりゃ残念だったなあ・・・じゃあPGGは第5ターンのソ連軍から再開しようかな・・・あれ?ぽたーじゅ君がユニット動かした?

 「鮫間さんが動かしたんですよ!待ってるあいだ退屈だったから」

 あーそう言えば大昔に無理に教えたからなあ。あいつもそんなに馬鹿じゃないからルール覚えていたんだな・・・。しかし、ムーブは甘いなあ。ここが包囲されちゃうじゃない。容赦なく攻撃するよ。はいボカーン。

 「残念ながら、その手は鮫間さんが読んでましたよ」

 ふーん。でもソ連軍には突出したドイツの装甲を包囲する部隊はいないよ。

 「このスタックの下に一個だけ戦車が隠れているんですよ」

 あー!汚いぞ!歩兵3個スタックが整然と並んでいるように見せかけて1個だけ戦車を入れるなんて!

 「スタックの中身はアントライドを裏返さなければ自由に確認できるルールですから。見ない方が悪いんです。自由主義経済とはそういうもんです」

 ぽたーじゅ君!今までそんな物の言いはしなかったじゃない!

 「はい包囲して戦闘。ダイスをコロリン。退却できないので全滅です」

 くそー。装甲1個師団が・・・。

 「ウォーゲームリテラシーが低い人はPGGで勝ち残れない時代なんですよ。盤上で起こることは偶然でない。運も戦略的につかまないと」

 んむむ。ぽたーじゅ君は完全に勝代に洗脳されてしまったな・・・。
posted by 鮫形鐘一郎 at 21:08| (カテゴリなし) | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

作戦研究は誰のために

 「今回のタイトルは早速ウルトラセブンのパクリですか?」

 ああ、プラチク星人ね。特にそういうつもりはなかったんだけど。

 「では今日もお便りから行きます」

 はい、どうぞ。ぽたーじゅ君。

 「楽しくウォーゲームをするには必ず作戦研究をやらないといけないんでしょうか」

 そんなのは個人の自由。将棋だってヘボはヘボなりに、うまい人はうまい人なりに楽しむことができるでしょ。極端なことを言えば、盤と駒を使った回り将棋や山崩しの方が面白いと思えばそっちをやればいい。

 「なるほど。あれ?次は逆だな。作戦研究なんてやらなくてもゲームを楽しめるんじゃないですか」

 典型的なヘボの言いわけだ。きちんと作戦研究をやらない奴は、きちんとルールを覚えてプレイしない。結果的にそのゲームの本質を理解しないまま通り過ぎてしまう。自らの努力不足で、ゲームが本来見せてくれるであろう素晴らしい世界を自分は見てないんじゃないか、感じていないんじゃないか、という恐れを抱かない無神経さを恥じるべきだね。

 「さっきと答えが正反対じゃないですか!」

 分かってないね。私は矛盾したことは言ってないよ。仲間とワイワイ楽しくゲームをするのに作戦研究は必要ないけど、真にそのゲームを理解して楽しむのに作戦研究は不可欠、ということだ。

 「うーん。もう一つ分かりません」

 将棋の話に戻ろうか。将棋盤と駒を使って友達と楽しく遊ぶなら、回り将棋や山崩しでも十分遊べる。ルールを知らない人でもその場で教えてすぐにできるよね。実力が同じくらいならヘボ将棋でも十分楽しい。これが「楽しくゲームをするのに作戦研究はいらない」ということだ。でも、将棋をきちんと指して奥深い世界を知るには定跡を勉強した方がいいし、詰め将棋を解いた方がいいに決まっている。江戸時代からプロが存在する一大知的ゲームなんだ。これが「ゲームを楽しむには作戦研究が不可欠だ」ということ。

 「ははあ。分かってきました」

 またウォーゲームの話に戻ろう。自分ではきちんとプレイをしているつもりでも、ちょっと実力が上の人、作戦研究を重ねた人から見ると、本将棋でなく、回り将棋をプレイしているようなレベルにしか見えないことがあるわけだよ。でも、プレイしている本人は楽しいからそれが分かっていない。周囲の人も、楽しんでいる人に水を差す必要はないからいちいち言わない。当たり前だね。また、どんなにそのゲームに熟練した人のプレイでも、ゲームの神様から見れば回り将棋レベルかもしれない。

 ちょっと話が逸れるけど、昔、亡くなった私の父の高級将棋盤で友達と回り将棋をやって父に目茶目茶怒られたことがあったよ。「子供の遊びに使ったら駒に申し訳ない」とね。その後、普通に将棋を指してても「そんなヘボな将棋をしたら盤に失礼だ」と怒られた。父は地方都市ではそこそこ上位の腕前だったけど、しょせんアマチュアだから、プロからみればヘボ将棋だろうけど。

 「厳しい方だったんですね」

 うん。高級な囲碁盤と碁石もあって、それで五目並べをしてても怒られたからね。これも本来の使い方ではないと言われたよ。

 ただ、父の気持ちも最近は分かるようになってきてね。私の好きなPGGなんかで適当なプレイを見ると、ユニットやマップが泣いているのが見えるんだよね。少なくとも私には。父も将棋盤や碁盤が泣いているように見えたのかもしれない。

 「阪田三吉ですか!ワイの銀が泣いている。ある意味妄想ですね」

 ま、その通りだ。聞き流してくれ。

 話をちょっと戻そうか。将棋は長年先手有利とされてきたけど、日本のプロの試合ではついに2008年度は後手番が勝ち越した。これは後手の作戦研究が進んだからだ。逆に囲碁の方は、昔は4目半コミだったのが5目半になって、最近じゃあ6目半コミだよ。作戦研究が進んだ結果、どんどん先手有利になっている。面白いね。

 別の観点から言うと、ある程度事前に研究した方が、プレイがスムーズに進むんだよ。当たり前だけど。ルール確認で中断されても時間がもったいないし。忙しい社会人プレイヤー同士の対戦ならなおさらだ。自分が勝つためでなく、プレイ速度をあげるためにも作戦研究は必要だという話だね。

 「何かもっとまったりしたプレイスタイルがあってもいいと思いますけど」

 もちろん、それもありだよ。私もPGG以外はまったりプレイして、面白そうだったらさらに研究するというスタイルだしね。

 私が言いたいのは、こういうこと。世の中にはもっとお手軽に楽しめるホビーがいくらでもある。なのにあえて、こんな面倒くさいウォーゲームなんかをやっているわけだ。ルールを覚えるのも大変だし、プレイ時間、場所もきちんと確保しないといけない。だからこそ、やる以上は徹底研究しなければ意味がないと思わないかね、ということだ。本当に楽しいことは、苦しいことや面倒なことの向こう側にしか存在しない。これは、私がウォーゲームから学んだ人生の最大の教訓でもある。

 「うーん。何かウザくなってきたんで別のお便りに行きます。作戦級ゲームで戦線の上手な張り方を教えてください」

 あーあ。またそっちに行くかね。作戦研究と言うとテクニックばかり知りたがる人がいるけど、本当に重要なのは「このゲームは自分が分かっていないだけで、もっと面白くなるんじゃないか、もっとよりよくプレイをする作戦があるんじゃないか」という懐疑心を持つことなんだけどなあ。やっぱ「自分で考えろ」と言っておく。

 「読者のみなさん、すいませんねえ。偏屈な人なんで・・・」

 さて、今回も予定の5回が終了した。最後まで読んでいただき感謝している。読者諸兄にお願いするのは、これまでと同じ。このブログを読んで自分の心に浮かんだ感情、気持ちと素直に向き合ってほしいということだ。それこそが自分の最も望むもの、あこがれるもの、恐れるもの、ねたむもの、忘れていたもの、忘れたいもの、あるいはもっと別の何か、だろうから。それを直視して、一人で掘り下げる作業を続けることこそ、ウォーゲーマーとして、さらに一歩進む道だと信じている。

**********

 ところで、何で作戦級ゲーム一般で戦線を張る必要があるのか説明できるかい、ぽたーじゅ君。

 「それは・・・ユニットがやられちゃうからですよ」

 もっと具体的に。何でユニットがやられるのか。

 「包囲されてしまうからです」

 包囲されると何で駄目なんだ。

 「えーと。だいたいの作戦級ゲームは敵ZOCにしか退却できないとユニットが除去されてしまうからです」

 まだ不十分だけど、概ねそういうことだね。逆に言えば、ユニットがやられないなら戦線を張る必要はない、ということだね。意外とこれを分かってなくて、どんなゲームでも無意味に戦線を張ろうとする人がいるよね。でもって「どうやっても守れない」とか悩んだりしてね。

 「そういう悩めるゲーマーを救ってほしいんですよ!実は僕もそうなんですけど・・・」

 じゃあ、次の連載はそれをやろうか。

 「ええ!やるときはあっさりとやる気になりますね」

 まあね。いつになるかは分からないけど、次の連載では必ずやるから。

 「というわけで、次回は『作戦級・超初心者入門』です」

 予告だけですまんね・・・では恒例のエンディング演奏を。今日はアコースティックギターで。

 「ええっ?恒例になったんですか?」

 では早速リンク切れだったら失礼。

 「ああ!僕もつま恋では感動しましたよ!」

 うーむ。君もウサギのくせにいろんなとこに行っているね・・・。それでは読者諸兄、次にお会いする日までごきげんよう。

 「またねー」
posted by 鮫形鐘一郎 at 01:00| (カテゴリなし) | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。